賞味期限と消費期限のどちらを食品に表示するべきか

食品の期限のつけ方には、消費期限と賞味期限がある。この2つの期限の違いと、どちらの期限を設定すべきなのか、考え方については理解しておきたい。

消費期限

長く保存ができない食品へ表示していて、食べるのに適さなくなる期限。食べるのに適さなくなるというのは、安全性が失われたり(食べるとお腹をこわす等)、味が劣化することなど。

明確には定まっていないが、5日間程度と期間が短い食品に対して表示される。

賞味期限

その期限までは、美味しく食べることができる期限である。

期限が過ぎたら、必ずしも食べられなくなるわけではないが、美味しく食べられる期限を過ぎたわけなので、味が劣化し始める目安として考えられる。