2016年 11月 の投稿一覧

食品製造変更の効果はあったのか、なかったのか

どの食品会社でも、ロス率が多く発生している製品の改善活動を行うだろう。実験的に製造方法を変化させて、製品の品質がよくなるかをどうか見ることがあるかと思う。

オーブンで焼いて作るある製品で、高さが規格範囲よりも低くなっていて、ロス品が多く発生している。これをどうにかするために改善を行うとしよう。

続きを読む

母集団と標本、誤差を少なくするサンプリングについて

食品会社で、製品の規格値を調べたり、開発品の出来栄えを確認したりするときには、データをとる。つくった製品すべてのデータをとることができればよいが、その数量が多いと、途方もない時間と労力がかかってしまい、実行することが現実的に難しい。そのようなときには、標本抽出、また別名でサンプリングと呼ばれるものが活用される。

続きを読む

食品のデータは正規分布する

正規分布は、中央が一番頻度が大きく、左右対称で滑らかで美しい形の分布だ。「平均値」と「中央値」と「最頻値」が同一でかつ中心となり、その中心から離れるにしたがいカーブしながら下線に近づいていく、富士山のようなきれいな形をしている。

続きを読む

包材の縁部分がほつれているのはカット刃に原因あり

入庫した原材料の包材の縁部分が、きれいに裁断されておらず、ほつれが発生していたりすることはないだろうか。これらは、包装資材を裁断をしている刃に原因があることが多い。私の身近であったことで、入庫した原材料のビニール包材の縁部分に、ほつれが発生していたこと、自社製品のパックするのに使う紙箱の縁に紙片が発生していたことがある。これらを例にしてお伝えしたい。

続きを読む

賞味期限や消費期限の決め方

商品の賞味期限を決めるときの根拠について伝えたいと思う。お客様に聞かれることもあるだろうから、食品会社の営業パーソンも知っておいたほうがよいことだろう。

賞味期限の設定は、食品製造業者が、科学的、合理的な根拠に基づいて設定することが求められている。

続きを読む

二次原料の野菜・果物名を商品名に使っていいかを景品表示法から考える 

商品名をつけるときには、景品表示法について気にかけておく必要がある(正式名称は「不当景品類及び不当表示防止法」)。この法律では、消費者の誤解を与えて惑わすような表示、実際よりも優良と誤認させる表示、得だと思わせる表示などは禁止されている。

食品業界で景品表示法にかかわってくることとしては、実際には含まれていない栄養成分があることを謳う、あるいは含有量を大きく謳う、効果を誇張するようなことが多い浮かぶ。

この記事では、商品名をつけるときにも、景表表示を気にかけるべきであるとお伝えしたい。

続きを読む

食品への石や砂利の混入防止対策

食品への異物混入の中でもっとも力を入れて防がなくてはならないものは、ガラス片やプラスチック片、石、砂利など、消費者の口内をケガさせたり、歯を欠けさせたりするような異物だ。この記事では石や砂利の混入を防ぐためにやるべきことを書いていきたいと思う。

続きを読む