統計学

食品製造変更の効果はあったのか、なかったのか

どの食品会社でも、ロス率が多く発生している製品の改善活動を行うだろう。実験的に製造方法を変化させて、製品の品質がよくなるかをどうか見ることがあるかと思う。

オーブンで焼いて作るある製品で、高さが規格範囲よりも低くなっていて、ロス品が多く発生している。これをどうにかするために改善を行うとしよう。

続きを読む

母集団と標本、誤差を少なくするサンプリングについて

食品会社で、製品の規格値を調べたり、開発品の出来栄えを確認したりするときには、データをとる。つくった製品すべてのデータをとることができればよいが、その数量が多いと、途方もない時間と労力がかかってしまい、実行することが現実的に難しい。そのようなときには、標本抽出、また別名でサンプリングと呼ばれるものが活用される。

続きを読む

食品のデータは正規分布する

正規分布は、中央が一番頻度が大きく、左右対称で滑らかで美しい形の分布だ。「平均値」と「中央値」と「最頻値」が同一でかつ中心となり、その中心から離れるにしたがいカーブしながら下線に近づいていく、富士山のようなきれいな形をしている。

続きを読む

相関関係と因果関係の違い

この記事は、相関関係と因果関係の違いについて書いたものだ。

品質管理の仕事では、問題の原因を調べたり、データを分析したりすることがある。相関関係と因果関係の違いを知っておくことが、その役に立つはずだと考えている。

・相関関係とは、一方が増えるともう一方も増える、一方が減るともう一方も減るという関係

・因果関係は、その名前の通り、ある2つの出来事が原因と結果で直接結びついている関係

である。

続きを読む

加重平均の用途と計算方法

食品製造に関するデータを集めて分析する際には、平均値を出すことが多い。データを分析するときには、必ずといっていいほど平均値を出すものだ。

平均といっても、いくつかの種類がある。すべてのデータの値を足して、データ数で割って出すものが算術平均で、私たちがもっともよく使うものであるし、ふつう平均というとコレになる。

しかし算術平均だと、間違った値、間違った理解になってしまうことがある。そのときには、ほかの種類の平均値を使うことになる。

算術平均以外でよく使われる平均として、「加重平均」を紹介したい。

続きを読む