失敗

テスト製造や初期流動期間の失敗について

開発をして量産を開始するとき、いわゆる初期流動期間には、失敗が起きやすい。製造者がやり方を慣れていなかったり、予期していなかった問題が起きたりするからである。

製造を何度も行うにつれて、製造担当者はやり方を熟知していくし、発生した予期せぬ問題も対応して再発防止をするので、失敗は無くなっていく。

続きを読む